呪われた国日本への道―天野千春の雑記帳

天皇制解体の動きが活発化している。このままでは日本は、その歴史と伝統に呪われても仕方がない。天野千春の雑記帳。

モーツァルト

モーツァルト 交響曲第41番ハ長調「ジュピター」K.551(3)曲の内容:第1楽章 Allegro Vivace

2 曲の内容Ⅰ 第1楽章 Allegro Vivace 第1楽章は、Allegro Vivace、ハ長調、4分の4拍子で、ソナタ形式です。 モーツァルトの交響曲としては比較的長い第1楽章で、全体で313小節あります。 楽章の構成は次の通りです。尚、特に断りがない場合数字は小節数を表…

モーツァルト 交響曲第41番ハ長調「ジュピター」K.551(2)概説

1 概説 1788年のモーツァルトの経済状況は芳しくありませんでした。前年12月に拝命した皇王室宮廷(室内)作曲家の俸給は、前任のグルックが年間2000フローリンであったのに対し、モーツァルトのそれは年間800フローリン(注1)で、2月5日には、ブルク劇場…

モーツァルト 交響曲第41番ハ長調「ジュピター」K.551(1)前書

0 前書 1781年から始まるウィーン時代(注1)のモーツァルトは、J.S.バッハやヘンデルらのフーガを濃密に研究する機会を得ました。それは、既に熟練していたといってよい彼の対位法やフーガの技術に更なる厚みを加え、その音楽におけるポリフォニーへの傾倒…